制作事例

松阪市飯南町の製茶農園「ヤマキ高橋製茶園」様のラベルシールデザインです。

松阪市ヤマキ高橋製茶園パッケージ

有限会社ヤマキ高橋製茶園様がお茶を生産されている地域は、全国茶品評会において、何度も産地賞を賜る県内有数の深蒸し茶の産地です。その三重県松阪市で作られる最高級品の深蒸し茶は松阪市の認定ブランド「松阪茶」と呼ばれています。

この度、新しくほうじ茶のパウダーを販売することになったとのことで、すでに販売されている緑茶パウダーのパッケージのリニューアルもともに行い、統一化したラベルシールのデザインをおこないました。ほうじ茶のパウダータイプは珍しく、関東の方でお菓子作りにとても人気のようで一般販売のご希望があったとのことでした。

以前、デザインさせていただいたパッケージは、三重県多気町のVISON[ヴィソン]日本最大級の商業リゾート施設での商品販売をしておりますが、今回、ブランディング展開として、ロゴ入れることにより統一化が図れるようにデザインしています。

ラベルの上部にはブランドロゴ、下記にはパウダー茶のおすすめの用途をイラストで描き可視化できるようにし、お客様が見た時にすぐイメージできるようにデザインしました。飲用だけでなく、お菓子作りや料理にも使用できる万能パウダーです。

商品は、県内でも道の駅等で販売予定とのことです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_6469-scaled-1-1024x681.jpg
 ※三重に暮らす・旅するWEBマガジンOTONAMIE(写真引用)でご紹介いただいたそうです。ティーバッグは、業者の方の提案で新たに生まれました。しおりは、ヤマキ高橋製茶園様の従業員の方が制作されたとのことです。 

RELATED POST